面倒くさそう仕事をさくさくをこなしていくためには

Pocket

面倒くさそうな仕事を振られたらどうしますか?そんな時は、つい見ないふりをして放置してしまう、ということありますよね。それは、あまりよろしくはないので、そんな時どう進めるか考えてみました。

まずは、手を付けること。初手が大切です。この場合の初手は本当に簡単なことでいいです。例えば、資料に目を通してみる、とか、報告書のファイルを作ってみるとか、連絡先のリストを作るとか。とにかく、なんでもいいので、手を動かしてみます。

その次の段階として、とりあえず、ドラフトでも構わないので、ザーッと資料を作ってみます。この場合は出来とかは気にせず、とにかくいったん一通り作ってしまう。質はあまり気にしなくてもいいです。

そこから、いったん寝かせて、ちょこちょこと手を入れていく。できあがったものをちらちらみたり、少し考え事なんかをしていると、ふと、アイデアが浮かんでくるものです。アイデアが浮かんできたら、都度都度反映させて資料を完成に近づけていきます。

面倒くさそうな仕事、ほったらかさず、随時進めていきましょう。めんどくさそうでも、手を付ければさらさらとできてしまうものです。なので、面倒くさそうに負けず、とにかく手を進めて作ってしまいましょう。

ビジネス