一人で軽く楽しく飲むためには

Pocket

休日の夜とか、ぽかっと時間が空くときありますよね。いつも、人と飲んでいる方は一人でのんびりと飲んでみると面白いですよね。そんな一人でも楽しく飲むコツ、考えてみました。

つまみはあまり時間のかからないのものを

あまり、つまみには時間をかけないようにしましょう。つまみを頑張って作ってしまうと「軽く」という感じがでなくなります。なので、ささっと、作って早くひとり飲みを開始しましょう。そのためには、家で作るとしたら炒めものやサラダなんかがお勧めです。もちろん、セブンイレブンで適当なつまみを買ってもいいですし、ちょっと、高級なスーパーでハムやチーズを買ってくるのも乙なものですね。

ちなみにこちらは先日の一人飲みの様子。左奥がパクチーのサラダ、右奥がしめさんまのマリネ風、手前がホタテのしょうゆバター炒めとなります。いずれも、ささっとしたおつまみです。

img_0621

飲み過ぎない

軽く飲む、というので、やっぱり飲み過ぎないように注意しましょう。飲み過ぎてしまうと、辛くてなにをやっているのだ、となってしまいます。一人飲みではペースが早くなりすぎるので、意識的にゆっくりと飲むことが必要です。また、あらかじめ、飲む量を決めておいて、それを飲み終えたらそこで、一人飲み会は終わりとするといいです。大目に買いすぎると全部飲んじゃう可能性がありますので。

なにかを見ながら読みながら

一人で飲む、手許になにか見るものや読むものを用意しておきましょう。これがあると、ゆっくりと時間を流すことができ、結果的に飲み過ぎを防ぐことができます。あまり難しい本だと内容が頭に入らないこともあるので、軽い小説、DVD、マンガ、なにかあると便利です。

まとめ

一人で飲む、時には楽しみの一つです。あまり力をいれすぎず、何か見ながら、さらりと楽しみましょう。

料理/食