むしろ、失敗するより、無為に時が流れることを恐れたい。

Pocket

失敗する、、誰にとっても嫌なことですよね。ですが、それを恐れすぎるのもどうなのよ、というのが今回のテーマです。

どんなことでも、「失敗」というのは嫌なものです。失敗を恐れるあまり、そのことをできないままになってしまう、ということがあります。

じゃあ、やってみて失敗するのと、なにもできないまま流れてしまうのと、どちらがいいか?

やってみて失敗したとしても、とりあえず、その案件は片付きます。また、失敗ということにより、そこから教訓や学びが得られるので、次に活かすこともできるでしょう。

でも、なにもやらないと、なにも起こりません。それどころか、「~やらないと、、」と頭の中に思念が残り続けます。もちろん、なんらかの事情により自分の望む方向に好転することも、あるといえばあるのですが、そんなに多くはない、と思います。

もちろん、自分の生命や生活を脅かすような失敗は避けるべきでしょう。ですが、世の中はそういう大きな事象より、失敗しても実は自分の心の問題だけな場合、というのも往々にあったりします。つまり、失敗した時の損失を客観的に把握し、それに即してやるやらないを決める、ということでしょう。

人生のコツ/趣味