海外に興味があれば、まずは、出てみよう!

Pocket

海外に興味があるんですけど、、、という人、結構いるかと思います。でも、なかなか、その一歩を踏み出せない、という人もあるでしょう。でも、そういうときはえいっ、と出てみるといいですよ。

大きな理由としては、行ってみないと本当のところはよくわからないから。どんなに写真を見ても、本を読んでも、実際に体験してみないとわからないこと、多いと思います。インドの有名な観光地だと、旅行者をだまくらかす輩とは出くわすことがあります。本を読めば、そういうこともわかるのですが、実際に遭遇すると実感としてそれが感じることができるようになるでしょう。視覚だけで見ているより、5感で感じる、というところです。

また、海外での出会い、というのは、自分の身の回り出会うのとは別のタイプの人間との出会いとなります。もちろん、その国の人と仲良くなる、ということもあり、これが一番旅行の面白いところなのでしょう。また、日本人どうしだったとしても、海外で会う人というのは、自分の身の回りで会う人、とはやっぱり違います。例えば、長期で旅行している人、留学している人、働いている人等々、普段だと出会うことが難しいような人にポンと出会えてしまうことがあります。時には、そういった出会いを通じて。人生が変わった、ということもあるでしょう。

もちろん、行ってみて「面白くない。」、とか、「やっぱり日本がいい。」と感じることもあるでしょう。それはそれで、一つの発見で、行かずに色々と思い悩むより、行ってみて自分なりに結論が出せる、というのはそれなりに意義のあることかな。

出ていくには、それが難しくなればなるほど、期間が長くなればなるほど、得られるもの感じることも多くなります。パックツアーで回るより個人旅行で、個人旅行でも1か所滞在型より周遊型が、留学になるとそれはそれで面白く、働いたり会社を興したりすると全然違うものが見えてくるはずです。

あとは、言葉、特に英語。もちろん、海外に出るに当たっては英語はできることは必要でしょう。とはいえ、英語に完璧に使えるようになったら出よう、と思っていたら、一生海外にはいけません。ある程度、自分の語学力を客観的にみて、なんとかなりそうだ、と思ったら、ポーンと飛び出す、ということも大切です。以外となんとかなったりするものです。

興味があれば、一回、海外に出てみると。それが大きな印象となって、その後の日本での生活にもいい影響を与えることができるでしょう。

二重生活/松本