失敗、悩み、不運は人を成長させる

Pocket

人は生きていると悩んだり、失敗したり、不運にあったりします。それは、とてもいやなものですが、時として人を成長させるものでもあります。そんなメカニズムを記してみました。

失敗により学ぶ

仕事やプライベートな事項について失敗をしてしまうことがあります。往々にして人は失敗したことについて心を痛めてしまいます。

ただ、失敗した場合、それについて反省、分析を行い、よりよい方法を編み出すことができるかもしれません。また、失敗だと思ってもそれが新しい発見がある場合もあるでしょう。たとえば、道を間違えてしまったときに、おいしいレストランを見つけた、ということもあったりしますよね。

このように失敗を通じて色々なことを学べる可能性があります。

悩みにより動く

悩みを抱えてつらい思いをする場合、というのがあります。ありがちなものとして、将来が見えない、複数選択肢があるうち一つを選ばなくてはならない、抱えている問題の解決が見えない、等ですね。悩むのはつらいことです。

ただ、悩む際に、人に相談したり、選択肢を試したり、といろいろと動きが発生します。そうやって、動いていることが、悩みの解決につながることもあるし、悩みとは直接関係のない発見やつながりをもたらすことがあります。

このように、悩みは人を動かし、動くことにより色々な発見をもたらします。

不運により耐久力がつく

世の中を生きていると、不運としかよべない状況に陥ることがあります。その際、なかなか、解決策も見いだせず、つらい状況が続くと本当にしんどくなります。

ただ、そうやって不運に耐えつつ日々をすごすと、精神的な体力、耐える力がついてきます。また、不運の構造がうまくつかめると、同じような目にあったとき、先をある程度見通せるので、なんとか乗り切ることができるかもしれません。

そのように不運に見舞われた場合に精神力が向上する、ことになります。

まとめ

このように、失敗、悩み、不運は辛いことではありますが、往々にして人を成長に導くことがあります。もちろん、失敗、悩み、不運が大きすぎて受け入れ難いことのあるでしょう。ただ、できる限り、ありがたく受けとめたいものですね。

 

 

人生のコツ/趣味