コミュニケーションにおいて大切なもう一つのことは「ゴールを明確に持つ」ことである!

Pocket

コミュニケーションで大切なこと、と言えば、「相手の身に立つ」ということでしょう。もう一つ、大切なことがあります。今回は、それについて論じてみます。

それは、コミュニケーションにおいて、自分がどうしたいのか、ゴールを持っておく、ということです。ゴールをもっておけば、その方向にもっていくように、力学が働きます。逆にそこが曖昧だと、つい、流されてしまい、後から考えると自分が不利になるようになってしまう可能性があったりします。

例えば、同僚と一緒にご飯を食べに行く場合。なにも考えない場合であれば、誰かが「~~行こうぜ」という言葉でどこに食べに行くか決まってしまいます。もしくは、誰も明確な意見を持っておらず、つい、いつものところに決まってしまう、ということも。

逆に「今日はラーメン」、という気持ちがあれば、「ラーメン食いに行こう」といえば、「そうだな。」で自分の希望通りラーメンを食いに行けるということもあることでしょう。

もちろん、時として、必ずしも自分の意見が通らないことや意見を表明しないほうがいい、ということもあります。自分はラーメンが食いたくても、結局、うどんやそばになる、こともありますよね。それは。

これは、短期のコミュニケーションにおいてのみならず長期の人間関係においても、成り立ったりします。「こういう関係にしたい。」と思っていれば、その時は無理でも、どこかのタイミングでそれにもっていくことができる、ということも。この場合も、関係性のゴールイメージを明確にもっておくといいでしょう。

というわけで、コミュニケーションを有効に行うために必要なこととして、「ゴールを明確に持つ。」ということ。そのゴールを達成するための手段として、「相手の身に立って考える。」ということもできるのかな、、と思う今日この頃です。

人生のコツ/趣味