ついしてしまった失言、それをどう対処するか

Pocket

自分には意図せず失言してしまうこともありますよね。そんな時、どうすべきか、考えてみます。

言葉はいったん発すると、後で取り消すことはできません。これは、メールのような文字でもそうですし、発する言葉でもそうです。特に、文字の場合は、形に残ってしまい、後後に影響を及ぼす可能性もあるので、特に注意が必要です。

まずは、発する前に気を付けること。特に、メールは形には残ってしまうものの、推敲とかはできるので、出す前に落ち着いて内容を考えるべきでしょう。特に、知り合ったばかりの人とか、相手の人間性がわからないときは特に注意すべきです。

とはいえ、全くゼロにするのも難しい。なので、してしまった時には、素直に謝ることが必要でしょう。後、意図をきちんと説明する、とか。いったん発してしまった言葉は取り消せませんが、その後のフォローでその悪影響を減らすことはできるでしょう。

失言、できる限り言わないように、発する言葉を気を付けたいものです。とはいえ、絶対なくすのも無理なので、発してしまったらその後のフォローをきちんとする、ということも同様に必要です。

人生のコツ/趣味