朝、辛いな、と思った時にどうするか

Pocket

朝起きると結構辛かった、ということが往往にしてあります。そんな時の対処方法を考えてみました。

朝の負担を減らす

朝、自分がすべきことをあえてしない、ということがあります。朝いくつの習慣を持っているかと思います。例えば、勉強をする、ブログを書く、運動をする、新聞を読む、朝ごはんの用意をする、ということがありますよね。調子が悪いときは、そのうちのいくつかを削る、もしくは手を抜く。そうすることにより、普段より朝にかかる負担が減るので体が楽になります。

そのためにも、普段、朝いくつか削れるような習慣を持っておくことが望まれます。そうすることにより、朝に行うべきことを削ることができるでしょう。普段から必要最小限だと、体調が悪くなっても削れる習慣がなくて、結構辛かったりもします。

朝のラッシュアワーを避ける

ようは、朝、少し遅めに家を出る、ということです。そのとき、1時間も2時間も遅れられないよ、という人もいるかもしれません。ただ、家を出るのを15分、30分遅らせるだけで、電車の込み具合が全然違う、ということも往々にしてあります。そのため、朝、ちょっと時間をずらすだけで、大分、体は楽になります。もちろん、フレックスタイムの人は、ラッシュアワーを避けるのはもっと楽になります。

そもそも、前の晩のすごし方を工夫する

前の晩に無理しすぎると次の日の朝に響きます。そのため、心地よい朝の時間を過ごすためには前の晩に無理をしないことが実は必要です。遅くまで残業しすぎない、飲み過ぎない、早く寝る、といったことですね。こうすれば、朝は快適です。

もちろん、朝の時間ばかり重視しているとそれはそれで、おもしろくない。ようは、夜の時間と朝の時間でうまくバランスをとる、ということが必要でしょう。

まとめ

朝の辛いときは少し負担を減らすようにしてみましょう。それとともに、夜を健康的にすごすことを考えたい。それでもダメな場合は、休暇をとる、とかそういった対応になろうかと思います。

人生のコツ/趣味