不安との付き合い方~不安が人生を動かすことがある

Pocket

安、抱えると辛いですよね。ですが、この不安感こそが、時として人生を動かすこともあります。今回は、そのことについて考えてみます。

不安、将来のことを考えると色々と湧き上がってきます。自分自身のこと、家族のこと、今後のキャリアの事、目の前の仕事のこと、健康のこと、お金のこと、という自分の身の周りのこと、試験に受かるか、意中の人とうまくいくかというその時特有のこと、から、地震や洪水のような天災、日本経済、世界経済、環境や貧困といった大きなこと、考えれば考えるほどきりがあります。こういった、不安感かかえていると結構辛いですよね。

ただ、不安感が人を動かす、ということがあります。不安だからこそ、自分や家族のことを大切にする、健康に気遣う、仕事やお金をがんばる、ということがあります。また、試験を受けている、というときは、それが大きな試験であれば大きな試験であるほど、非常に大きな不安を抱えます。「この試験、落ちたらどうしよー。」と考えてしまいますよね。不安であれば、勉強への意欲があがり、勉強するようになります。このように不安感、により人は行動する、という側面もあるでしょう。

このように不安感を行動に代えるにはどうすればいいのでしょう。一つは、対策を考えてみる、ということがあります。つまり、漠然とした不安感を少し具体的な形に落とし、それに対する対策を考える。対策を実行して、それが効果を奏していくとある程度の不安は減少します。例えば、健康に不安がある場合、スポーツをすれば少なくもその分は健康に対していい結果があり、それが自分の不安感を減らします。

このように、不安には行動を促す効用があります。もちろん、不安を抱えるという状態は辛いので、うまくバランスをとって、不安と付き合えるといいですね。なので、不安を抱える、ということはあながち悪いことばかりではありませんよ~。

人生のコツ/趣味