ビジネス系海外留学の進め方 (5)~プレゼンテーションをどう行うか

Pocket

プレゼンテーション、海外のビジネス系大学、大学院に行くと逃れることはできません。日本語でも大変なのに、英語だともっと大変ですよね。それでは、英語でどうプレゼンテーションをするか、考えてみましょう。

プレゼンテーションの技法を学ぶ

まず、プレゼンテーションの技法を学びましょう。一番ベストなのは、自分が属している大学のプレゼンテーションを教えるクラスに出席すること。これだと、その大学であるべきプレゼンテーションの技法を学ぶことができます。もし、無い場合には、プロフェッサーやアカデミックアドバイザーに、どのようにプレゼンテーションを学べばいいか、質問してみるといいと思います。

それが、だめな場合は日本語でプレゼンテーションを学ぶ、というのもありです。意外とプレゼンテーションの技術としては、英語でも日本語でも変わらないような気がします。このブログでも連載している「プレゼンテーションを考える」という話でももともとはアメリカで学んだことを中心に書いています。でも、日本語でも結構当てはまるところはあるのかな、、と考えています。

準備を徹底する

英語でプレゼンテーションを行う場合には、日本語にもまして準備を徹底する必要があります。どうしても英語を利用していると、日本語でプレゼンテーションをするより難易度が高くなります。私の場合だと、英語でのプレゼンテーションに際しては台本をきちんと作り、何回もリハーサルをするなりして、結構準備してきました。日本語の場合だと、ここまではやっていないと思います。やっぱり、準備は必要ですね。

プロフェッサーに合わせる

プレゼンテーションの方法にもプロフェッサーの好みというものがあるので、それに合わせるようにしましょう。もちろん、それが全てではないのですが、やっぱり好みに合わせておいたほうが印象がよくなるような気がします。例えば、堅そうなプロフェッサーだったらプレゼンテーションも真面目に、若干冗談がわかりそうな場合であればちょっとくだけた感じのプレゼンテーションがいいでしょう。あと、プレゼンテーションの時にスーツを着ていると受けがいいので、スーツは着るようにしていました。

まとめ

英語でプレゼンをする、のはなかなか大変なことです。でもこれを身につけると日本語でプレゼンテーションする時にも応用が利くので取り組むといいのではないでしょうか。

海外事情/語学