改めて、時間に余裕をもって物事を進めることの大切さ

Pocket

時間に余裕を持つ、ということは、結構大切なことです。改めてそんなことをふりかえってみました。

まず、ギリギリになると焦る、ということはあるでしょう。締め切りがあると、力が出せるタイプ、という人もいます。とはいえ、焦って心身の状況を持ち崩す、焦ることによりパニックになり普段の力が出せない、ということもあります。そうならないように余裕を持つことが大切。

それと、人の助けが得られにくくなる。急にお願いされても、対応できないよ、ということありませんか。時間的余裕があれば、快く対応していただけることも急なお願いになると対応できない、ということが。助けてくれる人も都合があるので、余裕をもって仕事をすすめたい。

最後に、行き詰った時に時間を先送れなくなる、ということがあります。行きづまったときの対応策としてよくあるのが、いったん、手放してみること、でしょう。手放すことにより、問題解決が見えることがある。ですが、時間に追われているとそれができず、強引に解決する必要がでてきて、辛い状況に置かれてしまうでしょう。

というわけで、時間に追われずにゆとりをもって、仕事をしたい。そのためには、「前倒し」して、どんどん、物事に取り組む必要があるでしょう。

人生のコツ/趣味