たまには、持っている服を棚卸してみよう!

Pocket

そろそろ、暑い暑い夏が到来しました。さて、夏服でも買いにでよう、、なんて、思いましたが、さて、今の手持ちの服、なんだっけ、、とおもったので、少し棚卸をしてみました。これが、意義深い時間でしたので、そんなことをば。

服の棚卸、まずは、手持ちの服を全部一つのところに出してみます。その時は、畳んだりする必要は特になく、ぼんと床の真ん中にでも置いておくといいでしょう。そこから、同じ用途の服(肌着なら肌着、ズボンならズボン、冬服なら冬服)で、まとめます。この時に、畳むといいですかね。また、着なさそうな服はひとまとめにしておき、後日処分します。で、他の服は用途ごとにまとめなおし、収納します。

これのメリットは、手持ちの服の全体像が把握できること。それにより、どんな服を持っているか、どんな服が足りないのかがわかるので、次に買うべき服がわかります。今回は、実はTシャツはたくさん持っていることが判明したので、Tシャツは買わず半袖のワイシャツくらいにしておこうかなと。

もう一つ、処分すべき服が把握できること、もあります。服というものは、買うことはあっても、処分する機会は少ないと思います。こうやって棚卸をしてみると、「これ、色あせてるなー。」「サイズ合わない、、、」「イベントでもらったものだが、普段は着ないなー」とかであまり着ないだろう服がポコポコでてきます。こういった服を処分するというのも大切な役割です。

また、収納しなおすので、服の収納がきれいになります。生活しているうちに、服の収納は徐々に乱れるので、それを正すいい機会です。

考えられる頻度ですが、服をそうそう買いまくるということもないので、だいたい、半年に1回、衣替えの時期にやるといいのかなと。そのくらいだと、次のシーズンの服の購入時期にもなるのでタイミングは悪くないはずです。

ということで、服の棚卸。結構、服が整理され、それとともに、気持ちも整理されるのでお勧めですよー。

人生のコツ/趣味