たまには呑まない日を作ってみるのも

Pocket

このところ飲み会が続いており、またお盆になればなったで、飲むことになるのでここ2~3日は酒を飲むのを控えていました。その際、ちょっとしたことに気付いたのでまとめてみるようにします。

眠りが深くなるような気がする

お酒を飲まないとなんとなく眠りが深くなったような気がします。逆にお酒を飲んだ時、特に飲み過ぎると寝つきは良くなるのですが、起きた感じなんとなく寝たりないような気がします。でも、2度寝しようとしてもなかなか熟睡することはできません。お酒を飲まないとなんとなく寝覚めがいい気がします。

食べる量が減る

これは人によるのですが、私にはあてはまります。酒を飲むと食欲が増進してしまい、つい、ばくばくと目の前をものを食べてしまいます。特に、飲み会の時には必然的に食べ物が余るため、この余った食べ物を片づけたくなる衝動に駆られ、特に食べたいと思わなくてもつい食べてしまいます。飲まない時、特に家で食べている時にはあらかじめ作った量しか食べず、それでもそこそこ満足感を覚えるので、それほど食べずにすみます。

時間をもてあます

酒を飲む、とやっぱり、時間をとられてしまいます。一人で飲んでいても当たり前のように1時間とか2時間とか過ぎ去ってしまいます。他方、一人で食事をすますとあまりやることがなくなってしまうこともあります。だらだらっと過ごすのも無駄なので、本を読んだり、ブログを書いたりとかはするようにしています。飲まないとき、なにをするか考えておいたほうがいいですね。

まとめ

飲まないと、結構、色々といいことあるな、と。ただ、人と話をする時は、飲んだほうが料理もおいしく、気分もリラックスするような気がします。その辺のバランスをうまくとれるといいですね。

料理/食