「先生」、「さま」、「君」ではなく、「さん」を使いたい

Pocket

通常、人に対して、~さん、とか、~先生、とか、名前の下に敬称を付けますよね。具体的に、どんな敬称を使いたいか、僕は、「さん」なので、そんなこんなをまとめてみることにします。

まずは、「先生」。学校の先生、の他に、資格を持っている人に対して「先生」を付けることがあります。特に、税理士業界はこの「先生」が多く、税理士どうしでも「先生」と呼び合っています。この、「先生」、言ったり言われたりすると壁を感じてしまい、なんとなくしっくりこない感じになります。なので、僕は「先生」とよばれるのがあまり好きではないんですよね~。

次は、「さま」。お客さまに対しては、「~さま」と呼ぶことが多いです。それは、客なので相手を敬意を表する意味で「さま」をつけます。でも、「さま」もやっぱり固さや距離を感じることがあります。自分より年上の方に「さま」とつけてお呼びしたところ、「さまは固いのでさんにしましょう。」と言われ確かにそうかな、と思いました。

じゃあ、「君」は。逆に、距離が近すぎるような気がします。「君」は自分とかなり距離の近い友人か、もしくは、自分より下の人に対して使いますよね。めちゃくちゃ、崩れている、というわけではないのですが、人によっては、気にする人もいるので、嫌いじゃないけど、使うときは気を付けるようにしています。

というわけで、やっぱり、「さん」。「さん」はある程度の丁寧さとカジュアルさを持っていてほどよい感じです。誰に対して「さん」を付けても不自然ではないような気がします。僕自身は、「さん」付けが最も使いやすいのですがいかがでしょうか。

人生のコツ/趣味