生活態度は健康診断の数値に影響を与える

Pocket

健康診断、年に1回は受けますよね。そこで気付いたのが、自分の生活態度は比較的にすぐに数値に現れる、ということです。少しそんなことを考えてみましょう。

2017年の2月に松本に戻ってきてから、若干生活態度が悪くなったなー、と感じることがあります。一番大きいのは運動不足。東京にいた頃は、だいたい毎日1時間以上歩いていたのが、こちらにきてからはほとんど歩かなくなってしまいました。それと、お酒。自分の傾向として、お酒を飲むと食欲があがるので、食べ過ぎてしまう傾向があります。家にいるときはちょくちょく飲んでいるので、呑んでいる日の日数は増えています。それと、ラーメン。職場の近くにはラーメン屋が多いのでどうしてもラーメンが多くなってしまいます。そこで、大盛りとかセットとかにしてしまう。

そんな中、健康診断を受けてみると、昨年から体重が5キロ増加、かつ、LDL数値が上昇し基準からはみ出す、という結果を招いてしまいました…..。BMIも21から23.9まで一気に増加。このままのペースだと、来年の健康診断だと、「肥満」になってしまう。

やっぱり、生活態度を少し改めたほうがよさそうです。運動は、週2日くらい水泳にいく、とか、散歩をする、なんてのがあるかもしれません。それと、食生活。週3日くらいは飲まない日を作る、とか、ラーメンは週1回にする、とか、そういった工夫が必要かもしれませんね。それでも、体重が減らないとなると、スポーツジムに行って本格的に体重を落としにいく、のかもしれませんが、個人的にはスポーツジムは嫌いなので、それに至る前に手を打ちたい今日この頃です。これから、今年の振り返りと来年の抱負を考える季節なので、健康管理もそこに含めてみます。

人生のコツ/趣味