朝の時間を有効に使おう~早起きのすすめ

Pocket

朝の時間、どうしていますか。できれば、少し早目に起きて自分のために使いたいですね。実際、自分がどう朝の時間を使っているか少し紹介いたします。

朝すべきことを決めておく

まず、朝なにをするか決めておくことがいいでしょう。朝、やることが決まっていないと、早起きしたものはいいものの、ボーっとしてしまったり、二度寝してしまったりすることもあります。それを防ぐにもなにをするか、あらかじめ決めておきましょう。

まずは、毎日することは朝に寄せてしまう、ということがあります。私の場合は、朝にそうじ、ストレッチ、家計簿、ブログをしています。その他、勉強もいいですね。これを、夜にすると邪魔が入り、毎日できなくなってしまいます。朝だと、邪魔が入りにくいので、粛々と続けることができます。また、前日の夜に、次の日の朝にすることをリストアップしておくこともおすすめです。リストに基づき粛々とタスクをこなしていくわけです。

朝は自分のために

僕は朝はあまり人と会ったり、出歩かなかったりします。朝活、とかはあまり出ません。やっぱり、朝は自分のために使いたい、人と会うのは夜にしているからです。どうしても、朝、人と話す必要がある、とかいう場合にはスカイプを使っています。これは、個人の好みなので、たまには朝活にでたり、人と会ったりしてもいいかもしれません。おそらく、結婚とかされている人は、朝くらいしか自分の時間を持てないだろうなーと感じています。自分の意識としては、朝は自分のために、夜は人と会うために、という考えがあります。

休日でも遅くまで寝ていない

休日もあまり遅くまで寝るのはやめましょう。できれば、普段より1時間~1.5時間くらいの寝坊にしておきたいもの。やっぱり、休みの日に昼まで寝てしまうと、損した気分になってしまいます。ちなみに、私は、休日は午前中は家で一人でできるようなことをして、午後から出かけるようにしています。

たまに朝はゆっくりと

普段、早起きをしている人が、たまにゆっくり起きるというのもいいものです。疲れているときでも普段より1時間後に起きれば、体力が回復している感があります。これは、いつも早起きをしている人がたまにゆっくり起きるとそれはそれで心地がいいものです。ただ、遅起きを習慣化させないように、寝坊した次の日は早めに起きるようにしましょう。

まとめ

朝は自分のために使いたいものです。うまく使うと、その時間で色々なことができたり、体の調子を取り戻すことができます。早起きをして、朝の時間をうまく使いたいものですね。

 

 

人生のコツ/趣味