一人で楽しむための人間関係の在り方は、淡きこと水のごとし

Pocket

一人で楽しむ、といっても、他者との関係を全く持たないわけにはいかず、必然的になんらかの関係を持つことになります。では、どのような人間関係を持つべき、ということを考えてみます。

それは、「君子の交わりは淡きこと水の如し」というやつですよ。人間関係を濃厚にさせ過ぎず、あっさりとしたものにしていくということです。

このことは逆を考えるとわかりやすいと思います。べたべたした人間関係を持ってしまう、、とどうでしょう。そうすると、その人間関係に取り込まれてしまい、身動きが取れなくなります。付き合いが増えてしまい、結局、そこに縛られしまうのですよね。

淡い付き合いであれば、周囲の人に縛られにくく、自分の思うように動きやすい。過ごし方や人間関係をコントロールしやすい、ということになります。

緩やかな人間関係をたくさんもつことが、わりと、一人で楽しむコツなのかなと。

人生のコツ/趣味