笑顔を作ってみることの意義

Pocket

最近、笑顔の大切さを聞く機会が増えました。自分の中で心がけていることを少しまとめてみます。

普段の顔を意識する

普段、どんな表情をしていますか。この点、あまり意識をされている方は多くないと思います。そうすると、割と無愛想な顔になってしまうことが多いようです。そうすると、周りからはとっつきにくい印象を与えてしまいます。そこで、友人から言われたことが普段の表情を意識すること。普段の表情を少し柔らかくすることにより、接しやすい印象を与えるようです。なお、自分の場合は唇の端をあげるようにしています。気付いたベースなのでいつもいつも接しやすい顔をしているわけではありませんが。

笑顔の練習をする

笑顔の練習をするといい、といわれたことがあります。笑顔を作るには、特定の筋肉を使います。つまり、笑顔を練習することにより、より笑顔が出やすくなる、と思います。笑顔の練習はお風呂に入った時や、家をでかける前に行ったりします。毎日やるといい、といわれますが、若干おざなりになっているので自分でも反省しているところです。

笑顔を作ってみると

笑顔を作ってみると少し、心がほっとしたような気持ちになります。もちろん憂鬱な気分がすべてふっとぶということはないのですが、なんとなく、ちょこっとだけ心が軽くなったような面持があります。後、うまく笑顔を作れると周りとの関係はうまくいくはずなのですが、そこまでまだ笑顔が定着していないようです。

まとめ

対人関係をよくするためには表情に意識をすることが大切です。ある程度、練習するとより効果的でしょう。

人生のコツ/趣味