先約は優先すべき、、という当たり前のことですが、改めてメリットを考えてみました

Pocket

先約を優先する、社会人であれば基本意識するところです。とはいえ、実際は後の約束を優先してしまう方もいらっしゃいますので、改めてそのメリット、というものを考えてみました。

相手の負担を減らす

先約を優先する、ということは、約束した相手との負担を減らすことになります。通常、約束をした場合、それを果たすことを前提として人は行動します。それが、こちら側の都合で約束を変えてしまうと、相手としては約束が変わったことに対して調整をすることもあるでしょう。あまり、予定をひっくり返すようですと、こちら側の信頼が落ちてしまい、相手としては付き合いを継続することを考えてしまいます。

もちろん、程度問題もあって、やむをえないときは受け入れてくれるものですが、やっぱり、約束は守るべきものでしょう。

自分の行動を安定させる

先約を守る、自分の行動が安定します。つまり、後から予定があがってきたときに迷うこともあるでしょう。ですが、先約を優先する、というルールを持っていると、そのルールに従って行動するので、迷いが少なくなります。それとともに、予定の調整等はしなくて済むのでその分の手間が減ります。結果、自分の行動がシンプルになり、その分生活が楽になります。

そうはいっても

先約が大切、といっても、必ずしもそうではありません。例えば、体の調子を崩した、とか、緊急の案件でどうしても予定を変更せざるをえない、ということもあります。この場合は、先約を変えることの負担(相手及び自分)と変えたことのメリットを比較考量して先約を優先するか、変えるか考える必要があります。とはいえ、「仕事だから」というだけでは、説得力は足りないし、相手は離れていってしまうので注意が必要ですが。

それなりな事情があれば、先約を変更することも相手は理解してくれるはずです。

まとめ

先約を守ること、それは相手の負担を減らし自分も楽になります。とはいえ、それに固執することもデメリットを生むので注意が必要です。

人生のコツ/趣味