プレゼンテーションについて考える (3) ~パワーポイントを使うことのメリット

Pocket

プレゼンテーションをする、といった場合、パワーポイントを使ってプレゼンテーションをすることが多いです。パワーポイントを使うことのメリットについて考えてみました。

話の筋道を確立できる

パワーポイントを用いることによって全体の筋道(枠組み)を確立することができます。このことによる話し手のメリットとしては、流れが確立していることにより、話をしやすい、ことがあります。脇道にそれてしまいにくく、予定どおり話をすることができます。また、聞き手のメリットとしては、聞いていてどの方向に話が流れていくのか、予測できるので話を理解しやすいことがあげられます。つまり、パワーポイントにより話の筋道を明らかにし、話やすく聞きやすいプレゼンテーションにすることができます。

そのためには、プレゼンテーションの流れ、構造をしっかりと考えることが必要となります。

視覚情報に訴えることができる

パワーポイントの画面を見せることにより、聞き手の視覚を通じて情報を与えることができます。これは、2つ以上の感覚から情報を流すため、より情報を受け取ることが容易になります。

そのためには、うまく視覚に訴えるような見やすいプレゼンテーションを作成することが必要です。まずは、シンプルでメリハリの聞いたスライドを作る、例えば文章より箇条書きによってプレゼンテーションを作ることが考えられます。

現在時点を明確にすることができる

パワーポイントではそれぞれの画面がでてくるので、聞き手にとって現在どこの部分が話されているか把握することが容易になります。現時点の話が今までの話の流れの中でどこに位置しているかがわかると、話し手の理解度は高まります。

そのためには、プレゼンテーションの全体像を明確にすることとともに、スライドのどの部分について話しているか明確に意識することが必要です。スライドと無関連な話をすると、その話の位置づけがわからないので聞き手は結構ストレスがたまります。

まとめ

パワーポイントをうまく使うことにより、効果的にメッセージを伝えることができます。ただ、そのためにも、パワーポイントの特性をいかすような、プレゼンテーションを作成すること必要です。

プレゼンテーションセミナーをします!ここでは、パワーポイントの特性を活かしたプレゼンテーションをどのように行うか、説明いたします。興味のある方は是非ご参加ください。

4月18日 限定6名様 MBA流実践プレゼンテーションセミナー

http://kokucheese.com/event/index/280330/

 

 

 

 

人生のコツ/趣味