メールマガジンは時折整理をしましょう!

Pocket

世の中、メールマガジンを送られることは多いものです。僕の場合は、平日だと平均的に10通くらいは送られています。この処理をどうするのか、考えてみました。

オンラインでなんらかの申し込みをしたとき、自分の興味のある内容、自分の友達が出しているメールマガジン、等等、いつも間にか受け取るメールマガジンの量が非常に多くなってしまいます。で、その中には、自分の興味関心があるものばかりではなく、とりあえず送られてきているだけ、というのもあるでしょう。

こういうメールマガジンがたくさんになると、受信トレイがあっという間に一杯になってしまいます。そうすると、本当に必要で自分が読むべきメールを見落としてしまう、という可能性がでてきます。自分は未処理のものは受信トレイに残すようにしているので、メールマガジンがたまると、未処理の案件が増えているような気がして、モヤモヤした気分になったりもします。

それを回避するための第一歩として、メールマガジン用のフォルダ(もしくはタグ)を作ることでしょう。メールマガジンが届いたら、その都度、そのフォルダに移していきます。メールソフトによっては、その設定上、自動的に受信トレイをスキップする機能も漬けることができるものもあります。その場合は、その機能を使うと受信トレイには入ってこないので、受信トレイの整理をすることができるでしょう。

さらに、メールマガジンのフォルダにメールマガジンを集めても、問題解決と行かない場合もあります。メールマガジンによっては、だいたいの場合において、読むものとそうでないものに分かれている場合が多いです。もともと興味がないのに送られてきた、というものや、以前は興味があったが興味が変わったとか、友人のメールマガジンをとっていたがその人と疎遠になった、とかそういったものもあるはずです。そういった、メールマガジンがあると、それでフォルダがいっぱいになったりすることもあるので、不便がでてきたりもします。

そういう場合は、メールマガジンを解除していくことになります。この場合、まとめて削除していくのか、随時削除するかですが、僕の場合は割とまとめてやることが多いです。特に、知り合いからのメールマガジンを解除するのは心的エネルギーがいるので、つどつどより、一遍にやってしまったほうが楽な気がします。あと、解除より先に、明らかに不必要なものはそもそも登録しない、ということもあります。オンラインなんかで申し込みをすると、メールマガジンを送付するかどうか、チェックボックスがあったりすることもあるので、シレッとチェックボックスは外しておくというのもありでしょう。

というわけで、メールマガジン、ほっておくと、どんどん増えてしまい面倒なことになるので、適宜間引くとすっきりします。もちろん、自分にとって必要なメールマガジンは間違って削除しないように気を付けることが必要です。僕はやっていませんが、そういったメールマガジンは受信トレイにいれてもいいかもしれません。ようは、いらないものは削除し、必要なものを管理しやすくする、というのが、メールマガジンの管理の肝といえるでしょう。

人生のコツ/趣味