質問を受けるならメールで、答えるなら電話がいいよ。

Pocket

会計事務所として、質問を受けたり、それに答えたりすることがあろうかと思います。特に、face-to-faceではない場合、どう受けたらいいか考えてみます。

まず、質問を受けるとき。これは、メールで受けたほうがやりやすい。

電話だと、自分が別の仕事をしているときに割り込まれてしまうので、ペースが崩れますよね。また、パッと聞かれて的確な答えを返すのは時として難しく、また、質問についてメモをとらないといけないので、ちょっと面倒。

メールの場合であれば、見るタイミングをある程度自分でコントロールできるし、受けてから考えたり調べたりすることもできます。なので、受ける場合はメールのほうがありがたい。

答える場合はどうか。簡単な質問ならメールで返してしまえばいいです。問題は、難しかったり、微妙だったりする場合。その時は、電話で話す、ということでしょう。

電話のほうが、相手の反応を確かめながら回答できますし、また、微妙なニュアンスをくみ取ることも可能です。メールだと、微妙なニュアンスが伝わらず、誤解を招く、ということもあるので。

コミュニケーションは相手がある話なので、電話で質問してくる人もいるでしょうし、回答をメールで求めてくる人もいるでしょう。ですが、自分のほうでもコミュニケーションをコントロールする余地は多少はあるはずなので、自分がやりやすいようにコミュニケーションをデザインできるといいですね。

ビジネス