たとえ自腹であっても、出張は前泊したほうがいい理由

Pocket

通常、ホテル代の都合等もあり、可能であれば当日入りすることがやっぱり多いです。ですが、前泊もいいものですよー、というのが、今回のテーマです。

一番は、長距離移動に伴うリスク管理です。長距離移動の場合は、天候等の理由により、公共交通機関が遅れたり、場合によっては行けなかったりすることもあります。

前泊しておけば、多少、公共交通機関が遅れてもその日中につければ、次の日の約束には遅れることはないでしょう。また、時間があるので、荒天等の場合も落ち着いて対応を考えることができます。

その次の点として、移動に伴う疲れの緩和。当日移動してそのまま仕事、というのは、結構体力的にもつらいものです。当日入りの場合は、結構、朝早くから動かないといけない、ということもありますし。

その点、前日入りしておくと、当日の朝はゆっくりなので、当日の仕事のパフォーマンスは高くなると考えられます。また、朝の時間に別の仕事をする、ということも可能となります。

それと、これは特に地方在住者にとってのメリットですが、ついた日の夜、軽く飲むことが可能というのもありますよね。普段は車生活で軽く飲む、ということがしにくいので、これは思わぬボーナスです。

というわけで、前泊は意外とおすすめです。もちろん、費用的はかかりますし、時間的に仕事・家庭が立て込んでいると難しいかもしれませんが、時には前泊をしてみるのもいいのではないでしょうか。

ビジネス