大会にでることを意識して健康管理をしよう

Pocket

最近、少々、スポーツをすることにしております。体調管理は外せない課題なので少し考えてみることにします。

健康管理の重要性

スポーツをする時は、健康管理は重要です。というのも、スポーツをする際に、体力を使うため健康でないとできません。特に、大会に参加するといった場合、自分が出ようとする大会がある時に体を壊してしまうと参加できません。無理して参加しても、記録が伸びないばかりか、その後にひきづってしまうと、その後の仕事や生活に支障をきたしてしまう必要があります。

睡眠時間をとる

健康管理、といえば睡眠時間を確保することにあります。普段から、睡眠時間をとるようにすれば、ある程度体調管理をすることができます。逆に、寝不足だと、体調を崩しやすくなるため、注意が必要です。睡眠をとるためには、仕事を効率的に片づけること、、ですか。後は、飲み会、セミナーなど夜にする行事を減らす、等々の配慮が大切です。

酒を控える

酒、飲み過ぎると体調を悪くする原因になります。まず、酒を飲むと夜更かしをする要因になる。また、酒を飲むと食事量のバランスが悪くなり、おなかに負担を与える、などがあります。さらに、飲み過ぎると次の日に響く、といった、悪影響もあります。

そうはいっても、飲みたい、という人も多いでしょう。その場合、飲み会の回数を減らす、飲む量を減らす、などの配慮をすることが大切いです。特に大会の1週間くらい前は気を付けるべきでしょう。また、大会で遠征するような場合、つい飲みたくなりますよね。大会前日は1~2杯にとどめ、翌日に影響が出ないようにしましょう。

無理はしない

大切なのは無理をしないこと。大会前もそうですし、体調が悪ければ大会を辞退することもありえます。また、大会中も無理だな~、と思ったら途中で棄権することも必要でしょう。もちろん、大会を貫徹したい、という気持ちはわかりますが、無理と思ったら、撤退することも一つの勇気となります。

まとめ

やっぱり、健康管理は普段の生活から。大会に出る場合はそれを意識して管理することが大切です。

——————————————————————————————

【編集後記】

今週末は出かける予定でしたが、この台風で延期となりました。普段、できなかったアレンジ関係の業務を粛々と進めております。

 

 

 

 

人生のコツ/趣味