移動方法は状況によって異なる~時には早く、時にはのんびりと、、、

Pocket

旅行をする際には、旅行手段について考える必要がでてきます。その時、速さを重視するか、料金を重視するかは、状況によって変わってきます。

事例として

例えば、日本から都市Aに飛行機で飛ぶとします。その時のチケットとして、直行便と経由便の2つの方法があります。このとき、直行便は5時間で到着し10万円かかり、経由便は13時間到着するのだが3万円でつけるとします。このように、概して早くつける場合はお金がかかり、お金を節約しようとすると時間がかかってしまいます。

ビジネスパーソンの場合

ビジネスパーソンの場合であれば早い交通手段を選ぶべきでしょう。状況にもよりますが、それなりに経験のあるビジネスパーソンはそんなに休暇を取ることはできません。一週間、丸丸休みをとれればかなりとれている方だと思います。そんな場合は躊躇せず、直行便を選ぶべきでしょう。経由便だと、どうしても移動に時間がかかってしまうため、その分現地での滞在時間が短くなってしまいます。現地での時間を多くとるために、多少はお金を大目に払っても、移動には時間をかけない、ということが望まれます。

学生、無職者の場合

学生、無職者の場合は、ある程度ゆっくりした移動手段を選択してもいいでしょう。学生、無職者はそんなにお金がない場合が多いので、そうそうお金は使えません。むしろ、時間にはわりと余裕があるので、少し時間がかかってもいいのではないかな、、と思います。そうした場合は経由便でゆっくりといって旅行費用を節約する、というのも一つの手です。

また、ゆっくりと旅行すると、早々と旅行するときと見える風景が異なるので、それそれは面白いと思います。スピードをあげるとその分失われてしまうものもありますよね。

まとめ

早い方がいいか、コストがかからない方がいいか、なかなか難しいトレードオフです。ですが、自分の状況に合わせて、時間を節約するか、時間をかけるか、方針を決めていく必要があります。

 

 

人生のコツ/趣味