ミャンマー旅行記(2) ~ヤンゴン到着!

Pocket

先日から続けているミャンマー旅行記。今回はヤンゴン到着までを。なお、うまくブログに写真をアップできないので、文章のみ勝負します。

ヤンゴン国際空港到着

朝、成田空港から出発して、夕方にはヤンゴン国際空港につきます。ここで、入国審査、税関、と抜けています。ここでの注意点は、onlineでビザを取得した場合、approval letterがメールベースで送付されてくるので、それをプリントアウトしておくこと。それは入国審査でチェックされるので、ないと色々と面倒なことになりそうです。そのほかは特に問題なくすーっと潜り抜けることができました。

両替とタクシー

両替所はいくつかあり若干レートが違うようです。ただ、大金を両替するのであればともかく、多少であれば、あまり神経質にならなくてもいいのかな~、というような気もします。今回は、人が並んでいる両替所を選んでそこで20ドル程度両替しました。

タクシーは税関を出たところのすぐに左にタクシーカウンターがあります。そこで、宿泊予定のHotel Grand United Hotel China Townに向かうと8,000K(チャット)で。ちなみに、大きな紙幣だとタクシーの運転手が釣りを持っていないこともあるので、できれば、5,000K札、1,000K札を手元においておきたいところです。実は、空港から出て少し歩いたところで捕まえるともっと安いらしいのですが、タクシーカウンターに頼むと言語の面でも安心なので、今回はこちらで来ました。

宿泊したホテル

今回宿泊したホテルは”Hotel Grand United Chinatown”というところです。名前の通り、Chinatownのどにあります。部屋もそこそこきれいで(若干古いのですが)、Wi-Fiが使えます。フロントの人もフレンドリーで(といっても今回泊まったホテルでunfriendlyのところはなかったのですが)、場所も利便性の高いところにあります。料金は1万円を超えていないはずえす。

Chinatownは露天等が非常に多く、活気もあって自分好みの街ですね。ただ、露天で売っている食べ物にチャレンジするのは非常に勇気がいります。なお、chinatownの服屋さんでロンジー(ミャンマー風巻きスカート)を2着買いました。このロンジーが今回大活躍することになります。

夕食

友人とホテルで合流してから夕食に出かけました。今回は、餃子とミャンマー風緬がおいしいところに連れてもらいました。食事をしながら、ミャンマーの状況や翌日以降の予定をして、夜が更けていきました。

(続く)

 

 

 

海外事情/語学