イタリア街歩き記⑮~早朝のサンマルコ広場から海洋史博物館/造船所

Pocket

さて、ベネチア最終日、午前中で観光を終え昼頃にはローマにもどる、、ということで、さらっと、午前中の話をば。

旅に出る前、友人から早朝のサンマルコ広場はよい、、と聞いていたので、サンマルコ広場に出かけてきました。その日は若干雲が多く、目が覚めるような日の出は見れなかったのですが、人が少ない、、、のが快適です。下に、早朝と昼間のサンマルコ広場の写真を並べますので、少しご覧ください。昼間の写真も、これでも人が少ないほうではあるのですが。

それを見たら、魚市場へ。昔は結構にぎわっていたと思うのですが、今はさほどではない印象を受けます。魚市場、といっても、8時くらいになって、訪問しても、果物やがポツポツとあるくらい…。やっぱり、ベネチアはもう、観光客の街になったので地元の人向けの市場なんてないのか、もしくは、本来は市場的なものはもうないが、ツーリスト用にほそぼそ残りしているのか、あまり、パッとした印象がありませんでした。まあ、たまたまかもしれませんが。

そして、魚市場を見終えたら、いったん、ホテルに戻り、そして、造船所と海洋史博物館へ。どちらも、サンマルコ広場からさらに先のほうに歩いていきます。これらを見たかったのは、かつてのベネチア共和国は海運国として名高かったということもあり、おさえておきたいところだったので。造船所は、今でも軍用の施設で使われているらしく、入れませんでした。もしかしたら、10時以降入れたのかもしれませんが、時間的な制約により却下。

海洋史博物館は、こんな感じ。ここでは、文字通り、船関係や制服の展示が多かったです。中世のガレー船の模型もあったのですが、それより戦艦や豪華客船の模型のほうが多かった感じです。あと、他国の船の模型もあり、日本の船や着物と思しきものも見受けられました。

実は、電車の時刻が正午過ぎだったので、バタバタっと見て回りました。もう少し、じっくりと見たかったところですが、ちょっと残念。そこからは、ホテルに戻り、ヴァポレットに乗り、ベネチアセントルイス駅からローマにもどりました。ちなみに、僕が泊まった部屋はこんなところ。ちょっと屋根裏みたいですてきでしょ。

 

海外事情/語学