繁忙期に体重が減った!喜ぶのではなく、その原因を考えてみました。

Pocket

会計業界では確定申告というものがあり、繁忙期となります。ぼくも、毎日、土曜日も含めハードワーキングをしていました。その時、繁忙期の前より体重が減ったので、今後のことをふまえ原因分析をしてみます。

まずは、お酒の量ががくんと減ったことが要因かと。普段は、休肝日を3日しているので、週4日はお酒を飲んでいる状況です。ですが、繁忙期中は平日はお酒を飲まず、呑むのは週2回のみ。単純計算で今までの半分です。

自分は、お酒を飲むと食欲が増加するという悪い癖があります。酒そのものにもカロリーがあるので、自分の場合はお酒を飲むと結構体重が増えます。なので、お酒が減ったというのは減量にとって効果があったといえるでしょう。

次に、目の前に食べるものがたくさんある、という状況ではなかったこと。夜は遅くなるので、弁当ですませます。弁当しか目の前にないので、それを食べてしまえば、その日の夕食は終わり。家帰って、おなかがすいても、基本的には食べないようにしていました。食べても、味噌汁とか野菜とかあまりカロリーが高くないものを食べていました。

自分の場合、目の前に食べ物があると食べてしまう反面、目の前になければ我慢できる、ということがあります。つまり、注意すべきは飲み会の様に大皿料理がボンボンとあるようなときは気を付けないといけない、ということです。

ストレスへの対応。基本的に、ぼくはストレスがかかると体重が減る傾向にあります。ただ、このストレスを酒や食べ物で解消すると、食べ過ぎになり体重が増えます。なので、ストレスはストレッチを毎日きちんとやることや、マッサージをすることにより解消することにして、食べ物、酒で解消することは控えるようにしていました。

あとは、繁忙期だけど、一応、体は動かしていました。水泳はしていないのですが、事務所の周りをくるくると歩くことはしていました。日曜日も家でゴロゴロはせず出歩いていたので、ある程度の運動は確保できていたと思います。

以上のような要因があり、若干ではありますが、この期間には体重が減りました。繁忙期が終わったからといって気を抜かず、上記のことをふまえリバウンドしないように節制し、体重を維持したい、そう考えています。

人生のコツ/趣味