その時より事前に、言うより書いたほうが、受け取りやすい

Pocket

人になにかを注意したりする、ということ、そういうケースもちょいちょいあろうかと思います。その時、注意の仕方やタイミングによって受け取りやすさが違うのでは、と感じるところです。今日のところはそんなことをば。

まず一番よくないのが、その場で注意すること。その場で注意されるのは、確かにやったほうが悪い場合もあるのですが、あまり気分がよくなかったりもします。特に、言い方が雑だったりすると、こちらが悪いにもかかわらず、かちんとなってしまいますよね。丁寧にお願いできるとましかもしれませんが、いちいち、丁寧なお願いをするのも面倒なところです。

いうのであれば、後になってから言うより、あらかじめ言っておく、ということがいいでしょう。そうすると、言われたほうとしては、自分がなした行為をとがめられているわけではないので、受け取りやすいでしょう。もちろん、言い方は乱雑にならず丁寧な物言いは相変わらず必要ですが。とはいえ、漏れなく全員の人に事前に伝える、というのは、忙しさが一定だったりマニュアルがあれば、なんとかなるかもしれませんが、そうでない場合は結構難しいのかな。

受け取りやすいのは、書いておく、ということでしょうか。書いておくのは、必ずしもその人に対して言うわけではないので、受け取りやすい面があります。また、内容も事前に推敲できるので、気分を害さないような書き方もできるでしょう。「トイレを綺麗につかっていただきありがとうございます。」とあると、ちょっと気を付けよう、とも思えますよね。ただ、書く場合は、見逃されると意味がないので、いかに見やすい場所に貼るか、ということも課題になってくることでしょう。

なので、話のであれば事前に。もし、一般的な内容で書いておけるのであれば、書いておく、というのも一つの方法なになるでしょう。

人生のコツ/趣味